安心して任せられるマンション管理サービス業者ナビ

Home > マンション管理のサービスについて > どこまでやってくれるの?マンション管理サービス一覧

どこまでやってくれるの?マンション管理サービス一覧

【マンション管理会社が家賃内で無料で行うサービス一覧】避難器具、避難バシゴ、水回りの排水溝の定期検診、定期清掃。
「平日の昼間にしか来ないからたいてい仕事に出かけているし、タイミングが悪くていつもすっぽかしてしまっている」「在宅していても、寝ている場合が多く、認識していなくて部屋が散らかっている時に来られても対応する気にならず、つい居留守を使ってしまう」こんな人が多いようですが、自宅オフィスで自営業をしている人などは、毎回対応するようにしておくと、調理器具が無償でグレードアップされるなど、思わぬ特典がついてくる場合もあります。地面が露出している部分の草むしり、害虫対策。
マンション共用部分の清掃。水回り、電気、ガス系統、ドア故障時のサポート。民間の業者に依頼すると、1回9000円程度の料金を支払う必要が出てきますが、管理会社と業務提携している決まった企業に連絡すると家賃内での無料サポートが適用されます。
ただし、鍵を紛失した場合は有料ですし「コンビニの袋が知らない間に詰まっていた」「ヘアピンをよくユニットバスの排水溝に落としてしまう」「子供がトイレにペットボトルを大量に詰め込んでしまった」などの故意や過失が続いた場合は、たとえ水回り部分などでも有料になる場合も。ちなみに、個人経営のマンションやアパートでは、これらのサービスをしていない場合もあります。入居時に確認しておくと後が楽です。

【マンション管理会社が家賃外で有料で行うサービス一覧】家事代行。
部屋の清掃、料理、皿洗い、洗濯、話し相手等、1時間に3000円程の別料金が必要です。ただし、食材や洗濯バサミの買い出しなど、さらにお金がかかる場合は、かかった分だけ追加料金がかかる点はご容赦ください。部屋に洗濯機がなく、コインランドリーに持って行ってもらい、洗って返してもらう場合等も同様です。
結婚式の友人、余興代行。入居後にマンション管理会社のホームページを定期的に見ておくと、思わぬ使える有料サービスが追加されている場合も。

【マンション管理会社がお金を積まれても絶対にしないこと一覧】近所で事故が起こった時の手助け等、基本的に、大量のお金が動くことや、トラブルの元になることは、マンション管理会社はしません。たとえどんなにお金を積まれてもです。未払い家賃の補助。家賃の値引き交渉。
長く住んでいる住人が、管理会社ではなく、家賃の振込先である大家さんと直接交渉をした場合は「連続してドアを壊した」「連続して窓ガラスを壊した」などのトラブルさえなければ、2000円から5000円程度の値引きが成功する場合も。間取りによっては1万円以上の値引きが成功する場合もあります。しかし、家賃の値引き交渉に管理会社の人間が間に入る、知恵を貸すことは原則としてありません。鍵を紛失した際の金銭的補助。自分の住んでいるマンションの鍵をよく無くす人は要注意。
紛失1回ごとに9000円程度かかります。「よく無くす」という人は、依頼する業者を決められるかもしれませんが「管理会社が鍵の再発行代をまける」ことはしません。

MENU

ページの上部へ戻る